• 2016.7.21
  • 和装

和装の人気スタイルは断然<色打掛>!清楚さが格段とアガル”白色”和装をご紹介

和装の人気スタイルは断然<色打掛>!清楚さが格段とアガル”白色”和装をご紹介

白無垢・打掛・引き振袖と婚礼和装にも様々な種類がありますが、今トレンドなのが白の打掛です。打掛とは、江戸時代から武家の女性の礼服とされてきた装いです。<掛下>と呼ばれる着物に帯を締め、その上から裾の長い和服を羽織ります。 結婚式の門出にふさわしい清楚さと艶やかさ、豪華さすべてを叶えることができるので、<白>の打掛の問い合わせが増えているようです。 物の合わせ方や柄、刺繍や染など、ドレス以上に奥が深い最新おすすめ<白打掛>をご紹介していきます。

ドレスも着たい!和装も着たい!だからこそ、白の打掛が人気

日本に生まれ・育ったからには、結婚式という門出の日を、<和装>で迎えたいという花嫁さまは増加傾向にあります。
でもドレスもやっぱり着たい!バージンロードをお父さんと歩きたい!という夢も持っている方が多く、今は和装で前撮りをする方や、お色直しでドレスから和装にチェンジという需要が高まっています。白無垢に憧れはあるものの、お色直しで着るのならば少し柄のあるものを!という選択で清楚さを残しつつ白の打掛を探している花嫁さまが多いようです。

白地だからこそ!色彩豊かな和装姿に仕上がります

白の打掛の魅力の一つはは、白地のため柄がとっても艶やかにいきることです。
こちらの打掛も白地に牡丹や桜など四季の花々が豪華に刺繍されているのですが、柄の色味もビビッドに感じていただけるだけでなく、刺繍の繊細で丁寧な手仕事感も白地ならではくっきりと見ていただくことができます。
ゲストとの距離が近いレストランウエディングなどに相性ぴったりの一着です。

和装は、ヘアアレンジとの相性が大事!

お色直しで着物に変える場合、髪型を日本髪にすることはかなり時間がかかってしまうため、みなさん髪型は洋風のアレンジでお着物にチェンジ!そのため、洋風なヘアアレンジとも相性の良い打掛をお探しの方も多いようです。そんな方におすすめの一着がこちら。大胆にも蘭の花を全体に表現した大人おしゃれなお着物です。伝統工芸の本手描友禅、金彩工芸、貝螺鈿工芸の匠の業を結集して表現しており、外光の入る会場で金や貝の輝きを感じていただける贅沢な打掛です。

<白×パステルカラー>は清楚さの極みを表現!

白の清楚さをより活かすためには、白地に淡い色味の柄ものを選ぶと好感度の高い和装スタイルを実現できます!和の雰囲気を持っている会場やご親族様中心の食事会形式の結婚式の方などには、日本古来の伝統模様である鶴や、咲き誇る日本の四季の花々が豪華に施されたこの打掛がおすすめです♪古典とモダンとを合わせ持つ、誰からも支持される愛され打掛です。

白の打掛に、キリッとさし色アレンジを!

こちらの打掛のように、<掛下>に赤など色味をもってくることで、白の打掛でも、きりっと締まった大人おしゃれな雰囲気でお着物をきていただくこともできます♪会場に赤色が使われていたり、装花や席次表などのウェディングアイテムに赤色をポイントカラーで使ったりすることで、お着物で再入場したときの会場との一体感が生まれ、ゲストの記憶に残るお色直しになるかもしれません。

この記事を書いた人
笑顔と想いあふれるウェディングが大好きな元Beauty Bride編集長
ウェディング大好きママ!学生時代からバイト先はホテルやハウスウェディング。
その後、ウェディングスクールに通い、レストランウエディングのプランナーを経験。
もっと多くの人に結婚式の良さやウェディング衣裳の奥深さなどで知ってもらいたいと、
Beauty Brideの編集長に。
現在は3人の子育てに奮闘中で、趣味はキャラ弁作りとウエディング最新トレンド情報の収集!
PAGE TOP