• 2016.7.31
  • ウェディングドレス

大人花嫁ならこう着こなす!ボリュームラインのウエディングドレス

大人花嫁ならこう着こなす!ボリュームラインのウエディングドレス

たくさんのゲストをお招きして華やかに結婚式を行なう花嫁様は、ドレスがシンプルすぎると会場映えしないのでは…と考え悩むところです。 でもボリュームを出すことで、可愛すぎたりやりすぎ感が気になる大人花嫁様は多いはず!華やかでボリュームのあるシルエットを子供っぽくならず、エレガントで気品高く着こなすコツをご紹介します♪

会場映えを狙うなら、立体的なデコレーションは効果的!

フラワーモチーフがついていたりフリルがたっぷりと施されていたりとチュールやオーガンジーでフワフワと立体的にデザインされているドレスはどのような会場にも映えるデザインになります。
大きな披露宴会場でも見栄えするボリュームあるデザインは、可愛くて誰からも愛されるロマンティックスタイルです。 大人花嫁様の中で甘さを控えたい方はスタイリングをシンプルにノーブルにまとめると良いですね。

大人花嫁なら素材にこだわり「知的さアピール」

大人花嫁様のドレス選びは「可愛いだけでは納得できない」という方が多いかと思います。
それはやはり目が肥えてきた証拠!お友達の結婚式に参列したりと結婚式をたくさん経験してきて良いものを見極める力がついてきていると、自分のドレスはただ可愛いだけではなくプラスアルファの魅力が欲しくなりますね。
そんな方には「素材にもこだわる!」ことをオススメします!ボリュームがありながら本物のシルク素材のドレスなら素材の光沢感や重厚感でグッとラグジュアリー感がアップして、ただ可愛いだけではなく知的さもプラスされた花嫁様になりますよ!

高級感がプラスされると大人花嫁らしい着こなしができる!

可愛らしすぎるデコレーションはなくとも、ゴージャスで華やかに表現することはできます。上質なシルク素材や価値あるレースを使用したドレスは、美しい光沢があり品格アップ! たっぷりと生地を使用したロイヤルな雰囲気はボリューム感にプラス高級感を表現できますよ。写真のドレスは伊製ミカドシルクをたっぷりと使用したロングトレーンで花嫁様の洗練された知的な一面をゲストにわかっていただけるのでは…!

ボリュームドレスをエレガントに着こなすコツは...「身頃」に気を付けよう!

ウェディングドレス

大人花嫁のボリュームドレスの着こなしテクニックでとても重要なのが実は身頃のデザインです。身頃のデザインをボリューム任せのデザインではなくエレガントなデザインにすることがオススメです。
スカートもボリュームがあり身頃もデコレーションがたくさん付いているとロマンティック過ぎてしまいがち…。大人花嫁なら身頃は素材感が感じられながらシルエットが美しく見えるデザインを選ぶと良いと思います。人生で一番美しいスタイルの時なので体のラインが綺麗にみえるほうが絶対良いです!

今注目の袖付きドレスなら大人花嫁も認めるエレガントさ

ボリュームドレスはビスチェだけではありません。もちろん袖付きのデザインでもボリュームデザインはあります。ラレンヌでは人気のロングスリーブデザインをロイヤルなロングトレーン&ボリュームで高級感ある着こなしがホテルウェディングの花嫁に人気があります。ロングスリーブなら可愛さより「高貴・気品」が感じられて大人花嫁にはピッタリのテイストです。フランス製の伝統的なコードレースとイタリア製ミカドシルクで存在感ある本物がわかる大人花嫁になりましょう。

盛大な結婚式を盛り上げるためには主役である新郎新婦の衣装やコーディネートにこだわるべき!初めて会うゲストの方々に貴女らしさを感じてもらうために大人花嫁を目指すなら華やかな着こなしプラスアルファの魅力を表現してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
アトリエ系サロン「ラ レンヌ」のドレスデザイナー。レンタルからフルオーダーまで対応(20年歴)
大学服飾専攻。アパレル商社からドレスオーダーサロンへ転職。
花嫁のご要望に100%お応え出来るサロンを目指し2004年に独立し「ラ レンヌ」を設立。
自社アトリエのオリジナルドレスを企画ご提案する中で、日本シルクの美しさや丁寧な仕事を再認識。
生地から染めて作るシルクフラワーやヘッドドレスもドレスに合わせて自ら製作する事も大好き。
子育て奮闘中だが、素敵なレストランへ出掛ける事がささやかな息抜き。

Instagram ID: @momoyom
PAGE TOP