• 2016.8.6
  • 和装

お色直しは、『和装』派が急上昇!!そのワケとは?

お色直しは、『和装』派が急上昇!!そのワケとは?

意外と落とし穴!?『2着目のお色直し探し』で悩む人が多いってご存知でしたか?

カラー派よりも、和装派が急上昇中?

『2着目のお色直しって何着たらいいか分からない!』 そんなお悩み花嫁様も多いのでは? Beauty Brideでは、”白のウエディングドレス”は決まったけれど、 その後がなかなか決まらない…という方の相談が、すごく多いのです。 モデルの梨花さんがご自身の結婚式の際に、”白2着”をお召しになって以来、 首都圏を中心に”白2着派”も増えてきております。 ただ、やはりBeauty Brideにお問合せ頂く方の中では、”和装派”もしくは”カラー派”が圧倒的! ”カラードレス”に少し抵抗がある…という方も実は増えており、”和装派”がここ数年、増加傾向にあるんですよ。

有名人・芸能人も和装に注目!1着目からの変化はバツグン

最近では、バトミントン選手の潮田玲子さんのご結婚式の際に、明るい青色の和装とおかっぱの古風な髪型で披露したお色直しも印象的でしたよね! 新婦だけでなく、新郎の印象も『洋』から『和』にガラリと変わるので、 お色直しの入場の際に、会場中が”わっ”とドヨメクことが多いのが、”和装”のお色直しの最大の特徴かもしれません。

和装を選んだ花嫁のリアル理由はコレ!

和装か?カラードレスか?悩んだ結果、和装を選ばれた先輩花嫁さまに、『なぜ和装を選んだのか?』をヒアリングしたところ、このような理由が挙がってきました!
カラードレスと最後まで悩んだのですが、日本で結婚式をするからには、和装は着ておきたいと二人で話し合い決めました!私は成人式に着物を着れなかったので、両親がとても喜んでくれましたよ! (綱町三井倶楽部にて実施/Iさん)
新郎が”ザ日本男子”の顔だったので、和装を着たいと自ら希望。和装を着たのも初めてみたいで、ゲストからも”似合う!”と言われて、本番では大変満足そうでした! (グランドハイアットにて実施/Kさん)
ちょうど挙式は秋。季節的にも暑くなく、和装にちょうどいい時期でした。 紅葉や銀杏を館内に飾って、洋装にも和装にも合う館内アレンジにしていただきました! 前半と後半で式の雰囲気がガラっと変わってゲストにはかなり好評でした。 (小笠原伯爵邸にて実施/Rさん)

気になる、和装のお色直しの中座時間は?

和装を選ばなかった方の理由として一番多く挙げられるのは、 『時間がかかって、ゲストと一緒にいる時間が短くなるから』という理由! 洋装⇒和装へのお色直しは30分~40分ほどかかり、洋装⇒洋装へのお色直しは20~30分ほどかかる、と言われております。 たった10分の違い・・・されど10分ですよね?ただ、カラードレスは確かに和装よりはサッと着れるのですが、ヘアアレンジを大幅にする花嫁様もいらっしゃるので、実は、あまり時間的には変わらない人もいるようです。

『ゲストになるべく一緒にいたい。でも和装は着てみたい』という花嫁様へ 和装を選ぶ花嫁さまは、中座の時間を少しでも短くするために、こんな工夫をされてます! ぜひ参考にしてくださいね♪



【コツ1】ヘアメイクを大幅に変更しない

ウェディングドレス

前髪のチェンジや、おかつらは時間がかかりがち。衣裳でがらっと印象が変わるので、髪型を大幅に変えるのではなく、 ヘアフラワーの種類や色を変えたり、メイクも口紅の色を濃厚にするだけなど、ポイントを絞っての変化を!

【コツ2】中座の時間の余興を楽しんで頂く

ウェディングドレス

お色直しの時短よりも、中座の時間をゲストに『どう楽しんで頂くか?』を考えましょう!プロフィールビデオ、誕生日のゲストへのサプライズプレゼント…などふたりらしい演出の検討をしてみては?!

この記事を書いた人
世界中のウエディングドレスの情報を収集するのが大好き★
WEDY編集部スタッフです!可愛いウエディングドレスの情報を集めるのが大好き♪日本中のプレ花嫁さまと繋がりたい~!
PAGE TOP