• 2016.8.19
  • ウェディングドレス

身長155cm以下の小柄花嫁さん必見!背が低くても、スタイルよく見せるドレス選び

身長155cm以下の小柄花嫁さん必見!背が低くても、スタイルよく見せるドレス選び

成人女性の平均身長は160㎝と言われていますが、身長155㎝以下の小柄な女性も多くいらっしゃいます。洋服選びならパンツもスカートも簡単に裾上げのお直しをして着こなすことはできますが、ドレスはどうなのでしょうか? 小柄女性がバランスよく着こなすドレス選びのコツをご案内します。

秘訣は、コンプレックスを武器にする!

ウェディングドレスは基本的に前スカートが床につく長さ「フルレングス」が多くなります。洋服のスカートなら少し長めでも気にならないところですが、床につく長さがあまりにも長いとサイズが合っていない感を感じるし、歩きづらく大変です。
レンタルドレスの場合、だいたいのドレスサロンで小柄な花嫁様にはヒールの高いシューズをオススメします。少しでもスカート丈のバランスが合うようにシューズで調整するのです。チラッと見えても可愛いシューズをご利用になるこだわり派の花嫁が増えてますよ!

ドレスのデザインで気をつける事は「ウエスト切り替えの位置」!

小柄な女性は村長が引くのですから当然「背丈」も一般的な方より小さいはずです。
それにも増してウエストより下の位置で切り替えられているローウエストのドレス(上記写真参照)はさらに胴長短足に見えてしまい小柄な花嫁様にはオススメできません!
できるだけ自身のウエスト位置に近い切り替えか、もしくはそれ以上の高めの切り替えが良いのです。ローウエストのドレスを着てみて全身をお写真で確認した見ると何となく着こなせていない感が出てくるのは「バランス」が悪いからです。

インポートドレスを選ぶのは至難の業...

海外のブランドから輸入したインポートドレスは、欧米の女性サイズに出来ているため背丈や胸幅、袖丈、スカート丈全てが日本パターンより長く大きくなっています。同じ7号サイズドレスと思っても胸元の空きやウエスト位置は欧米女性日本パターン合うようになっているため小柄な女性には不向きなのです。ドレスサロンによっては日本人日本人合わせたパターンに調整しているところもありますが限界があり、本当に小柄な女性が綺麗に着こなせるかは難しいのが現実です。

目線を高くさせるハイウエスト切り替えがベスト!

小柄な花嫁はバランスが大切です!
ウエストの切り替え位置が高くなれば、スカート丈の長さを強調して足長効果を出すことが出来ます。お写真のようなハイウエスト切り替えにポイントがあるドレスはとてもオススメなデザインです。上半身に目線を集中させればドームラインでボリュームがあっても、スレンダーのシンプルラインでもシルエットバランスは良いのですよ。

サッシュベルトをアクセントにしたテクニックは小柄女性にイチオシ!

小柄花嫁の着こなし術で、おすすめなテクニックは「ウエストマーク」!ジャストウエスト位置にカラーリボンなどでアクセントをつくると引き締まって見えてオシャレ度もアップ!そしてバランスもよく見えるので一石二鳥です。ラレンヌではこのようなサテンリボンを10数色用意していて、とても人気のコーディネートです。

この記事を書いた人
アトリエ系サロン「ラ レンヌ」のドレスデザイナー。レンタルからフルオーダーまで対応(20年歴)
大学服飾専攻。アパレル商社からドレスオーダーサロンへ転職。
花嫁のご要望に100%お応え出来るサロンを目指し2004年に独立し「ラ レンヌ」を設立。
自社アトリエのオリジナルドレスを企画ご提案する中で、日本シルクの美しさや丁寧な仕事を再認識。
生地から染めて作るシルクフラワーやヘッドドレスもドレスに合わせて自ら製作する事も大好き。
子育て奮闘中だが、素敵なレストランへ出掛ける事がささやかな息抜き。

Instagram ID: @momoyom
PAGE TOP