• 更新日:2016.9.2
  • カテゴリ:ウェディングドレス

安心してレンタルドレスを借りるために知っておこう!サイズのこと。

安心してレンタルドレスを借りるために知っておこう!サイズのこと。

ウェディングドレスをレンタルする人はまだまだ多い日本のウェディング市場。そのレンタルの考え方は「和装の貸衣裳」からきているのです。 でもそのドレス…。レンタルして大丈夫?自由に楽しく結婚式を過ごすためには足元を気にしたり、胸元を気にしたりしていると思う存分楽しめないこともあるのでドレスを決める時はサイズ感を注意して!

オーダードレスの着こなしは見本!スカート丈にも注目して!

ドレスの試着をしてみると、背が小柄な人は12センチヒールを履くようにドレスショップで勧められると思いますが、なぜ12センチヒールかというとスタート丈が長く床につく以上にさらに長いからです。
「ベストなスカート丈はどのくらい⁉︎」というと、床に付くか付かない程度〜少し浮く長さがベストなのです!
英国のプリンセス・キャサリン妃も当然ですが、先日挙式した北川景子さんもそうでしたよ!さすがオーダーしたドレスの着こなしですね〜。

ドレスのスカートの丈って、かなり大切なチェックポイント!

レンタルドレスがどうしてもスカートの丈が合わなくて長くお直しできない場合、そのスカートを片手で軽くつまんで持つことが出来るか確認してください。もし持つことも難しい場合、挙式当日はもっと大変ですよ。特に海外ウェディングの方やリゾートウェディング等室内以外に屋外も過ごしたい花嫁は、スカートの丈が合っていないドレスは期待しているほど動けないことも,,,。演出上たくし上げてカジュアルな瞬間を撮影することもアイデアではありますがいかがでしょうか?

ビスチェドレスの胸元は安心できますか?

ビスチェドレスの場合、サイズが合っていないと挙式本番中にズルズルと着崩れてきてしまい大変なことになります…。
あまりにサイズが合っていないドレスに決定してしまうので危険!
デザイン性も大切ですが、人前で着こなせるサイズではないと素敵なパーティは出来ません。ご両親やご親戚などご高齢の方々からの目線に立ってドレス選びをしましょう!

レースアップのドレスだからとはいえ安心しないで

背中のデザインがレースアップと言って編み上げになっているドレスもありますが、サイズが編み上げ部分で調整しやすく思われがちですが綺麗に調整されているか確認しておきましょう。ビスチェの場合前から見た脇下部分がレースアップを締めあげることで押しつぶされていないか意外と重要なポイントです。またレースアップ(編上げの幅)も理想バランスになっていないとお洒落ではないですよ。是非細部を気にしておきましょう!

挙式前には必ずサイズ確認を忘れずにしましょう!

ほとんどのドレスショップでは挙式前にサイズ確認の為来店し、ドレスを来て確認すると思いますが、その時キチンと合っているか確認しておきましょう!もし心配ならその事をドレスショップの方にお話しして調整をお願いしましょうね。
又せっかくサイズを合わせたのだから、そこから痩せたりしないように管理することも大切です。

どうしても納得できない!そんな花嫁様にはオーダードレスです!

レンタルドレスがなかなかサイズが合わない方は、やっぱりオーダーが安心です。
ラレンヌに来店されるお客様の最初のご希望はレンタルがほとんど。
でも今までドレスを試着してきて、サイズが合わないお悩みをお持ちの方はオーダー(オーダーレンタル・セミオーダー・フルオーダー)をオススメしています。
挙式当日は、自分サイズのキレイなドレスで大好きな彼にお姫様抱っこしてもらっても大丈夫なドレスを着て欲しいと思います!

ウェディングドレスを初めて試着した時は、きっと嬉しくて楽しくて気分良いと思います。でもドレスを決定する時は、デザインも大切ですがサイズ感もキチンとチェックして、どのくらいお直しが出来て、挙式当日は大丈夫か冷静に確認するようにしてくださいね。

この記事を書いた人
アトリエ系サロン「ラ レンヌ」のドレスデザイナー。レンタルからフルオーダーまで対応(20年歴)
大学服飾専攻。アパレル商社からドレスオーダーサロンへ転職。
花嫁のご要望に100%お応え出来るサロンを目指し2004年に独立し「ラ レンヌ」を設立。
自社アトリエのオリジナルドレスを企画ご提案する中で、日本シルクの美しさや丁寧な仕事を再認識。
生地から染めて作るシルクフラワーやヘッドドレスもドレスに合わせて自ら製作する事も大好き。
子育て奮闘中だが、素敵なレストランへ出掛ける事がささやかな息抜き。

Instagram ID: @momoyom