• 2016.9.8
  • ウェディングドレス

オシャレ上級者は、ドレスを背中で選ぶ!!バックシャンになる秘訣!

オシャレ上級者は、ドレスを背中で選ぶ!!バックシャンになる秘訣!

SNSや雑誌でドレス写真を見ていると気になるドレスは、後ろ姿だったりしませんか⁉︎実はウェディングドレスは後ろ姿にデザインポイントがあるドレスが多いのです。ドレス全体がデザイン性があるとなんとなくやりすぎ感があって上品さに欠けます。程よく抜け感をだし引き算を上手にできる花嫁様はオシャレ上級者です。

感動の挙式シーンを盛り上げるロングトレーン!

教会での結婚式は、お父様とヴァージンロードを歩いてきて神父様の前で愛を誓う時などは参列者に後ろ姿を見られています。だからこそ後ろ姿のお写真はお式では絵になる大切なシーン!ドレスのバックスタイルにこだわりたくなるのは当然です。ロングトレーンのドレスなら素材感やラインを意識してウェディングドレス選びをすると良いですね

素材感あるロングトレーンはロイヤルでエレガント!

後ろスカートのトレーン部分に華やかなデコレーションが施されていると非常に映えます!ヴァージンロードが長い会場にはとてもインパクトがあり絵になるお写真が残せますでオススメです。
デコレーションばかりが華やかに見えるのではなく、素材感によってこれだけ豪華に映えるのです。クオリティをあげてエレガントに着こなしたい花嫁は、レースなどの素材感に注目しましょう!

こだわりのポイントをバックデザインで見せるテクニック!

スカート全体のボリュームはほどほどでも立体的なデザインがバックスカートにあるとオリジナリティがありとても印象深いドレスとなります。 他のドレスにはない魅力的なデザインなのでインパクト大ですね!こんなドレスにはシンプルなロングベールを合わせると素敵だと思います。

大人花嫁はシンプルな中に立体感あるデザインを!

イタリアブランドのアントニオリーヴァは、シルク素材のシンプルなラインにバックスタイルに立体的な大きなフリルを使用したデザインをアクセントにしたドレスが特徴です。まさしくバックシャンなデザインで、シンプルな素材感ながらオリジナリティがありとても印象深いドレスで、スタイリッシュな大人花嫁に人気のブランドですね。

スカートだけじゃない!背中のデザインも重要!

大げさなトレーンはNG!という花嫁もいらっしゃると思います。
そんな花嫁には背中のデザインがポイントとなったドレスを選ぶと良いです。個性的なデザインではなくともバックスタイルにゲストの視線を釘付けにするお洒落ドレスがこちらのドレス!上品なフランス製のレースが背中をシースルーで覆い、誰からも愛される花嫁らしく背中が表現してくれますよ!

カラードレスもバックシャンにこだわって…

大きな縦リボンが背中を覗き込むとアクセントについているこのドレスは、実は前から見るととってもシンプル。でも、深紅のサテンの存在感と美しいシルエットがあれば十分会場映えするカラードレスです。大人花嫁ならドレス全体にデザイン性のあるドレスを選ぶより、バックスタイルに見栄えあるデザインにしたらオシャレ花嫁上級者です!

この記事を書いた人
アトリエ系サロン「ラ レンヌ」のドレスデザイナー。レンタルからフルオーダーまで対応(20年歴)
大学服飾専攻。アパレル商社からドレスオーダーサロンへ転職。
花嫁のご要望に100%お応え出来るサロンを目指し2004年に独立し「ラ レンヌ」を設立。
自社アトリエのオリジナルドレスを企画ご提案する中で、日本シルクの美しさや丁寧な仕事を再認識。
生地から染めて作るシルクフラワーやヘッドドレスもドレスに合わせて自ら製作する事も大好き。
子育て奮闘中だが、素敵なレストランへ出掛ける事がささやかな息抜き。

Instagram ID: @momoyom
PAGE TOP