• 更新日:2017.1.11
  • カテゴリ:ウェディングドレス

【体型カバー・身長編】自分の魅力をポジティブにドレスで表現するテク*

【体型カバー・身長編】自分の魅力をポジティブにドレスで表現するテク*

ウェディングドレス選びの時には、自分のコンプレックスとなる部分をカバーしたいと思うのは当然のこと! 着たことのないドレスなら、なおさらどんなドレスが自分を引き立て似合うのか考えますよね!? デザインだけではなく自分の魅力を引き出すドレス選びのコツを伝授します!

(背の高い花嫁には)縦ラインを強調すると更に魅力倍増!

背が高い花嫁は、フルレングス丈のドレス(スカートが床につく長さ)のドレスは着こなしやすいです。なので、どんなドレスもバランス的には似合うはず。でも、「背が高い=縦ラインを強調」することとなので、ドレスシルエットの中では、スレンダーや細身のAラインがお似合いになるのです。「ボリュームのあるドレス=横のボリュームが出る」シルエットは大きく見えすぎてしまうこともあるので要注意!大きなバンケットの結婚式ならOKですが、彼とのバランスや会場(空間)との相性を考えてシルエットを選びましょう。

(背の高い花嫁には)曲線美を生かしたマーメイドにチャレンジしてみたら!

オススメはせっかく背が高いなら他の花嫁が着れないシルエットにチャレンジしてはいかがでしょうか!?
スタイルに自信があれば細身なスレンダーの中でもマーメイドラインに是非チャレンジして見てください!
又ネックラインを強調してスタンドカラーデザインなどもお似合いになると思います。是非一度試着して見てくださいね。

(背の低い花嫁には)スカート丈の合わないドレスは要注意!

意外とドレスの試着をしてみて背が低いことを実感する方も多いようですが、まずはどんなドレスでもスカート丈がなるべく長すぎず丈のサイズバランスがあっているものを選びましょう!結婚式当日に歩きやすい方が素敵な結婚式が出来ますよ!サイズが合わないドレスほど、つまづいたり、気になって下ばかり見ていたりと良いショットのドレス写真が撮れないものです。

(背の低い花嫁には)上半身に目線を持っていくようなデザインを!

身長155㎝以内の小柄花嫁は特にドレスデザインのバランスが大切です。オススメは「胸下切替えのドレス」や「ハイウエストのドレス」!出来るだけ上半身を小さくそしてスカート丈を長く見せることで縦ラインを強調しましょう。グッと足長効果が出てきます。
ドレスは切替位置が高いAラインのドレスや上半身にデザイン性があるドームラインがおすすめのデザイン!出来る限り目線を上げるようにするときれいに見せますよ!

ドレスに合わせるのではなく、自分の体型にドレスを合わせるのが一番!

スレンダーやマーメイドのレンタルドレスだと、丈が合わなくても、「絶対にこのデザインが着たい!」と思いますよね。そんなときは、是非オーダーも検討してみたらいかがでしょうか!?自分の背丈やスカート丈に合うバランスでマーメイドドレスを作れば間違いなく美しいバランスで仕上がります。
ラレンヌでオーダーする方には、希望のドレスデザインを自分のベストバランスでパターンから調整してお仕立てしています。ドレスに合わせてセレクトするのではなく自分が着たいドレスを自分サイズに着る事が一番ベストなのです!

この記事を書いた人
アトリエ系サロン「ラ レンヌ」のドレスデザイナー。レンタルからフルオーダーまで対応(20年歴)
大学服飾専攻。アパレル商社からドレスオーダーサロンへ転職。
花嫁のご要望に100%お応え出来るサロンを目指し2004年に独立し「ラ レンヌ」を設立。
自社アトリエのオリジナルドレスを企画ご提案する中で、日本シルクの美しさや丁寧な仕事を再認識。
生地から染めて作るシルクフラワーやヘッドドレスもドレスに合わせて自ら製作する事も大好き。
子育て奮闘中だが、素敵なレストランへ出掛ける事がささやかな息抜き。

Instagram ID: @momoyom