• 2017.3.3
  • ウェディングドレス

ウェディングドレスはレンタル?購入?それぞれのメリット、デメリットを卒花さんが徹底解説!

ウェディングドレスはレンタル?購入?それぞれのメリット、デメリットを卒花さんが徹底解説!

花嫁にとって一番たいせつな、ドレス選び。…ですが、そもそも選ぶ前に購入がいいのか、レンタルがいいのか悩む方が多いようです。そこで今回は、購入とレンタル、それぞれのメリット・デメリットを解説したいと思います! 卒花の本音やウラ事情もまじえながらお届けしますね(^^)♪

<レンタル or 購入> 迷っているあなたへ

そもそもドレスって、どんな調達方法があるのでしょうか。一般的には以下のものが挙げられます。

・レンタル(既製品、オーダーレンタル など)
・購入(フルオーダー、セミオーダー、既製品、中古品 など)
・もらう(知人から譲ってもらう、タダで借りる など)

ウェディングドレスを持っている人はあまりいないと思うので、やっぱりレンタルか購入がポピュラーだといえますね。それでは、各々のメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

購入のメリットは「自分のドレス」!

まずは購入から。
大きなメリットは、「自分のドレスが手に入る」ということです。新品かユーズドか、オーダーメイドか既製品かという違いはありますが、いずれにせよ自分のドレスとなりますよね。そのため、式当日は汚れ等を気にせず安心して着ることができます。
また、オーダーメイドは値が張りますが、世界で一着のオリジナルドレスを作ることができます。デザインやサイズ感にこだわりが強い人にはもってこいでしょう! さらに、使ったドレスは売却できる可能性も。10万のドレスが、オークションで2万で売れたら、実質8万…なんてこともあるかも知れませんね。

購入のデメリットは「保管」!

反対に、デメリットは「保管の問題」です。
大きなドレスを保管できるだけの場所の確保と、クリーニング代もかかりますよね。先ほど「保管せずに売る」というウラ技をご紹介したばかりですが、もしもドレスが破けたら、そもそも売り物にならないかもしれません…。わたしがプランナーさんに聞いた話だと、ドレスの裾を踏んで破いてしまう花嫁は本当に多いのだとか。レンタルだと補償に入れるので追加請求はないですが、自分のドレスだとそうはいきませんよね。
また、式場によっては持込み料がかかることも。わたしが披露宴をやった式場では、一着あたり32,400円(税込)でした。ぎゃふん。

レンタルのメリットは「金銭面」!

お次はレンタル。
まずメリットは、「リーズナブル」だということ。たとえば写真のような人気ブランドも、購入するより安く着ることができます。最終的に選ばないとしても、試着できますし♡ それに、レンタルの料金パックにはあらかじめ前撮りやクリーニング代など諸費用が含まれていて、なおかつドレス2着+和装1着など お色直しを前提としていることが多いので、コスパがいいですよ。
また、オーダーメイドとはいきませんが、体型に合わせてサイズを調整してくれるショップが多いです。わたしの友人も式直前に激ヤセしてしまったのですが、詰めてもらって事なきを得た、なんてこともありました。想定外の妊娠にも対応できるので、安心ですよね♪

レンタルのデメリットは「非オリジナル」!

反対に、デメリットは「自分専用のドレスではない」ということ。運命のドレスに出会えるかは運次第です。それが醍醐味でもあるのですが。
また、既製品は数に限りがあるので、先に予約が入っていたり、サイズが合わなすぎたりすると、そのドレスを選べないことも…。さらに、「購入の場合は持込み料がかかる」という話をしましたが、レンタルであっても提携外のショップから借りるのであれば、同じように料金が発生する場合がありますよ。

結局、どちらがお得なのか。

個人的にオススメするのは、レンタルです。自分がレンタルだったから というのもありますが、やっぱり金銭面と、いろいろなドレスを試着できるのが良いと思います。わたしは最新カタログからウェディングドレス選んだので、それはレンタルでないと着れなかったなー、と!

一方で、購入ならではの良さもあると思います。たとえば、2回以上挙式する花嫁。海外&国内など、トータルでかかるレンタル費用を考えれば、購入した方が安いかもしれません。また、体型が標準サイズから外れる花嫁。レンタルは既製品が多いので、ものすごく小柄な方などは選択肢が限られるかもしれませんね。そういう花嫁たちは、購入の方がメリットが多いと思いますよー!

いかがでしたか? レンタルと購入、それぞれの良さがありましたね。基本はレンタルで、特別な事情がある花嫁のみ購入を検討してみるといいかも知れませんね(^^) これからドレス選びを始めるプレ花嫁のみなさんが、賢くウェディングドレスを調達できることを願っておりますー!

この記事を書いた人
2016年10月に結婚式を挙げたばかりの東北の卒花嫁。270名のゲストをおもてなしした経験を活かしてご紹介します
2016年10月に結婚式を挙げたばかりの東北の卒花です!ドレス・小物・演出にこだわって、270名のゲストをおもてなしした経験から、プレ花嫁さまにアイディアのおすそ分けができたらいいなと思っています^^*
PAGE TOP