• 更新日:2017.3.18
  • カテゴリ:結婚式

【必読】お花もヘアも会場も!人気のナチュラルウェディングを実現するためのポイントは?

【必読】お花もヘアも会場も!人気のナチュラルウェディングを実現するためのポイントは?

自然の中でナチュラルにアットホームに結婚式をしたいと思っているナチュラル派の花嫁様も増えています。 場所選びからドレスのコーディネート・装飾など実現するためにはいくつものハードルがありますね。 周りの家族やパートナーにも同意をいただいて是非理想的なナチュラル婚を実現しましょう!

会場選びはゲストのことを考えて決定すべし!

ウェディングドレス

ナチュラル婚をしたいなら理想的なのは郊外の空の広い環境を選びたいものです。
でもご家族やゲストの方々の移動時間・移動手段をしっかり考慮してリゾートエリアを選びましょう。
もし宿泊する必要があるなら前もって費用面や宿泊施設をリサーチしておくと安心ですね。時期や場所は新郎新婦だけの希望だけではなく、お招きするゲストのことも考えると皆に満足していただける結婚式が行えますよ。

都内にも緑豊かなエリアがある

もしなかなか郊外での結婚式が難しい場合、都内で開放感ある会場を探すこともできますよ!もちろん郊外ほど広いスペースは限られますが緑豊かな場所はあります。
ナチュラル婚を目指すならかしこまらないレストランウェディングで、緑を生かした会場がオススメです。テラスやガーデンを備えていればベストですが、ない場合は室内のデコレーションが自由に好みに合わせて設置してくれる会場は有り難いですね!会場選びの際、先輩花嫁の実例を見ながら会場装飾もチェックしてみてくださいね!

ドレスはエフォートレスに

ウェディングドレス

主役の花嫁選ぶ衣装はもちろん肩ひじ張らないソフトなラインを選びましょう!
ボリュームは動きやすいボリューム感でトレーンの長さも程よいタイプを選ぶと良いでしょう。でもやっぱりトレーンの長いドレスを着たい花嫁は取り外せたりたくしあげられたり出来るドレスがベストです。素材感もソフトなオーガンジーやチュール、シフォンなどがおすすめです。ナチュラルにさり気ない装飾でコーディネートも洗練されたスタイリングがワンランク上のお洒落です!

ブーケは不造作なフリースタイルがトレンド!

ウェディングドレス

花嫁が必ず持つブーケにも是非こだわってください!
なぜならブーケは持っている時間が長く花嫁姿のお写真には必ず残るのです。その時にドレスや会場のテーマにあったブーケではないと不自然ですよ!
お花のお好みはあるかと思いますがお花もフォルムも柔らかくデリケートな花材を色んな種類をミックスして不造作に束ねたスタイルが今のトレンドです!

メンズ衣装も飾りすぎないで!

ウェディングドレス

もう一人の主役である新郎も花嫁に合わせてさり気ないオシャレを楽しみましょう!スーツはタキシード丈で軽やかなスタイルで素材感は光沢のある素材より上品な素材感がベストです。結婚式にはフォーマルに披露パーティではタイやチーフに個性を出すとシンプルな中にこだわりを感じさせます。是非コーディネートを楽しんでくださいね!

結婚式自体色々なシチュエーションで行う事が出来る昨今ですが、まずはどんな結婚式にしたいか2人で話し合い、その内容をご家族へ相談しておくと後でトラブルが無いですね。ご家族にOKをいただいたら、コンセプトを決めて各アイテムはそのテーマをイメージしながらき 決めていくと素敵な結婚式が実現しますよ!

この記事を書いた人
アトリエ系サロン「ラ レンヌ」のドレスデザイナー。レンタルからフルオーダーまで対応(20年歴)
大学服飾専攻。アパレル商社からドレスオーダーサロンへ転職。
花嫁のご要望に100%お応え出来るサロンを目指し2004年に独立し「ラ レンヌ」を設立。
自社アトリエのオリジナルドレスを企画ご提案する中で、日本シルクの美しさや丁寧な仕事を再認識。
生地から染めて作るシルクフラワーやヘッドドレスもドレスに合わせて自ら製作する事も大好き。
子育て奮闘中だが、素敵なレストランへ出掛ける事がささやかな息抜き。

Instagram ID: @momoyom

Keyword関連キーワード