• 2017.4.19
  • ウェディングドレス

メインドレスに昇格間違いなし♡主役級の華やかさを纏うなら蜷川実花のウェディングドレスで決まり!

メインドレスに昇格間違いなし♡主役級の華やかさを纏うなら蜷川実花のウェディングドレスで決まり!

写真家、映画監督としても有名な蜷川実花さん。彼女が手掛ける、2015年に発表され大注目なドレスブランド『M / mika ninagawa(エム / ミカ ニナガワ)』。女子が大好きなビビッドな色使いに生命力を感じる花々、写真がそのまま浮かび上がっているようなプリント、見ているだけで元気が出そうなウェディングドレスがとても人気です。そんな蜷川実花さんのドレスを5着ご紹介します♡

最先端技術に支えられウェディングドレスも鮮明度バツグン!

『M / mika ninagawa』のドレスはどれも艶やかな色使いが特徴的ですが、写真のような鮮明度をドレスで実現するために一役買っているのが、1670万色の豊富な色数とそれをコントロールする繊細かつ高精度技術を持つ、日本を代表するファブリックメーカー小松精練のモナリザ。このファブリックがドレスに蜷川実花さんの世界感を表現することを可能にしているそうです。

このドレスも赤や黄色系のお花が一面にプリントしてあり、登場した瞬間会場の時を一瞬止めてしまいそうなほど主役感の強いドレスになっています。

艶やかなブルーに心を奪われるカラードレス

鮮やかなグラフィックに奏でられた蜷川実花さんのドレスの中でも特に印象的な一着なのがこちらのブルーのドレス。

飲み込まれそうなほど濃いのに透明感のあるブルーに大人っぽい印象を与えるパープルのお花が咲き乱れている様は、空にたくさんのお花を放っているようにも見えます。ドレス全体にドレープが多く、生地の重なりにより、一層奥行を感じる一着になっています。

デザインにもこだわってる春・お花満開の花畑ドレス

こちらは見ただけでお花畑の中に花嫁がいるような、華やかな気持ちになる一着です♡

春を感じるような黄色や紫、オレンジ、緑などたくさんのお花がドレス一面にプリントされているこのドレスは、会場を一気に花が満開のガーデンのように感じさせるほど。さらにスカートのデザインがタックがたくさん入り、綺麗に広がったプリンセスラインなうえに、裾がバルーンスカートになっていることで、心弾むような軽やかな雰囲気を演出してくれるプリンセスドレスです。

鮮やかなプリントの上にチュールを纏い表現が広がったドレス

こちらは鮮やかにプリントされた蜷川ワールドの上に、一枚ドット柄のような模様の入ったチュールを重ねることによって、花に水滴がついているような生命力を感じさせる一着!

デコルテ部分には照明があたるとキラキラひかるようにビーズが施されており、そのビージング部分からつながるように上に重ねられたチュールの上に表現された水滴のように見えるドット柄が、咲き乱れるお花たちに命の水を与えている瞬間を表現しているように感じさせるドレスです。花嫁のイキイキとした表情とリンクする、会場のテンションを上げてくれそうなカラードレスです。

これなら主役級!存在感は強いが女性らしいカラードレス

ビビッドな色には抵抗があるけど、蜷川実花さんの世界観が好きという方にオススメの一着がこちら。

ピンクのお花が一面にプリントされているドレスなのですが、先ほどのドレス同様に上にグリッターのキラキラのついたチュールが施されています。また、ウエストマークとして、輝くストーンでベルトをデザインしてあり、お花畑の妖精のような可愛らしさと品の良い大人の女性の印象を併せ持つ、女子力の上がるドレスです♡♡

この記事を書いた人
笑顔と想いあふれるウェディングが大好きな元Beauty Bride編集長
ウェディング大好きママ!学生時代からバイト先はホテルやハウスウェディング。
その後、ウェディングスクールに通い、レストランウエディングのプランナーを経験。
もっと多くの人に結婚式の良さやウェディング衣裳の奥深さなどで知ってもらいたいと、
Beauty Brideの編集長に。
現在は3人の子育てに奮闘中で、趣味はキャラ弁作りとウエディング最新トレンド情報の収集!
PAGE TOP