• 2017.6.1
  • ウェディングドレス

ウェディングドレスを試着するのって3か月前じゃギリギリって本当!?ウェディングドレスの決定時期って??

ウェディングドレスを試着するのって3か月前じゃギリギリって本当!?ウェディングドレスの決定時期って??

式場が決まり次はドレス選びが始まる時期に差し掛かれば他の式準備も一気に始まっていきます。そうなればバタバタした日々が待ち受けているのですが、せっかくのドレスですからじっくり選びたいですよね。今回は、バタバタしないドレス選びにするためにおすすめの時期についてご説明致します!

ドレス選びの開始時期のベストは式当日から半年前くらいから!

3か月前から衣裳を見始めるとなると、結論を言えばギリギリのためおすすめできません。(式がその時期に決まった場合はすぐにドレス選びを始めましょう)

まずは式場が決まった状態でドレス選びが始まります。会場の雰囲気や規模と、ご自身の好みのドレスのバランスを見てドレスを選ぶとイメージが湧きやすくなるためです。式場が決まった時期にもよりますが1年前に会場を決めていたら、式当日から半年前くらいからドレス選びを始めるのがおすすめですよ。

×見始める時期が早すぎるデメリット⇒1年前から見てもトレンドが変わったり、ドレスの新作の入れ替えがあったりして当日案内出来るドレスが限られることも。
×見始める時期が3か月前のデメリット⇒レンタルドレスの場合、人気のドレスだと予約で埋まってしまっている可能性も。オーダードレスの場合も、ドレスメーカーによっては作成納期が間に合わないことも。

半年前からがベストな理由。2,3か月前には衣裳が決まっていると気持ち的に楽になります!

上では半年前以外の日程でのデメリットをご説明しましたが、ここでは半年前がベストな理由をご説明いたしますね。
まず、平均的なドレス選びとしてはだいたい月に1回ペースで来店すると思ってください。
(即決タイプの方はもちろん1回の来店で決められる場合もありますし、逆にたくさん着たいという方は月に2回以上来店される場合もあるので例外もあります。)
そこから逆算していくと、

式当日の月⇒ヘアメイクイメージの決定、最終フィッティング、【式全体の最終調整でとっっても忙しい時期】
2か月前⇒ヘアメイクイメージ探し、衣裳選び予備時期【式準備にとっても忙しい時期】
3か月前⇒ドレス・メンズ衣裳の最終決定、【具体的な式準備開始時期】
4か月前⇒ドレス選び③(本決定ドレスの絞り込み)、メンズ衣裳選び、【なんとなくな式の流れ掴み】
5か月前⇒ドレス選び②(好みのラインor雰囲気絞り)
6か月前⇒ドレス選び①(好みのドレスのイメージ掴み)

といった流れになるかと思いますので、半年前or5か月前からがおすすめなのです。
まるの個人的な意見としましては、式当日の月と2か月前は式準備でほんとーーーーーに忙しい時期になるので(ムービーやペーパーアイテムをご自分で製作される方ならなおさら)、その2か月は式準備のために空けておいた方がおすすめです…。忙しいとストレスがたまり体調を崩してしまうこともありますから。。

ですので、3か月前までにはドレスがだいたい決まっているといいペースかと思います。
それでも迷ってしまう場合には、前後に来店を増やして絞りこんで、当日のヘアメイクを決めていく1か月前には最終ドレスを決められるといいですね。

スムーズにドレスを選ぶための試着でのコツ

たくさん着たい!とドレス選びを楽しみにしている花嫁様は希望通りたくさん着て楽しんでもらうのが一番スムーズに決められる近道です♡
ですが、中には「ドレスが多すぎて選び切れない…。」という方もいらっしゃることでしょう。ここではそんな花嫁様にせっかくの楽しい試着を苦な時間にしないための、スムーズなドレス選びのコツをお教えしちゃいます。

▽1回目の来店:主要4タイプのドレスラインを試してみる(かわいいプリンセスライン・クラシカルAライン・ナチュラルスレンダー~エンパイヤライン・かっこいいマーメイドライン)
⇒まずは、どんなボリューム・雰囲気が好きか探してみましょう。ドレスを見た時点で抵抗のあるラインがあればそれは無理に着る必要はありません。変わりに候補にない違うタイプのドレスを試してみると、どんな雰囲気が好きかなんとなく絞れると思います。カラードレスは好みの色と合わせて、ウェディングドレスのときに感じた何となく気に入ったボリュームを中心に着てみると探しやすくなりますよ。

▽2回目の来店:前回のドレスを参考に、好みのライン・雰囲気を中心に試してみる
⇒1回目の来店から時間が空くと、画像を見返した時などに「こんなのが好きなのかも」「こういうのがしっくりくる」と、一歩引いた目線でドレスを見ることが出来るようになります。そうなれば、ドレス選びが前回よりもスムーズに進むので、ご自身の好みを中心に選んでみてください。
この辺りで一度新郎様のメンズ衣裳を試してあげると、新郎様も楽しんで選んでくれたりするので次回も一緒に来てくれる確率がぐんとあがったりします。笑

▽3回目の来店:新しく気になったドレス1,2着を加えて、今までの候補も含め ”本命ドレス” を絞り込む。+新郎様のメンズ衣裳選び♡
⇒3回目ともなると好みもわかってきて、着たいドレスも見つけやすくなっていることと思います。そうなれば、今までのドレス候補と合わせて本決定のドレスを決めるための絞り込みをしていい時期になります。(ここで着数を増やすのもいいのですが、そろそろ絞っていかないと選ぶドレスの着数が増えすぎて絞り込むのが大変になってきます)
合わせて、ドレスのイメージも掴めてくる時期になりますので、一緒に新郎様のメンズ衣裳も選んでいきましょう!新郎様の色直しスタイルはカラードレスの雰囲気に合わせると決めやすくなるので、カラードレスのイメージも固められているとスムーズかと思います。

▽4回目の来店:ドレス・メンズ衣裳の最終決定
⇒3回目の来店時に最終決定するのももちろんOKです。じっくり悩みたい方はこのくらいの時期まで悩んで大丈夫です。
あとは、式準備が本格的になり忙しくなる時期に入るので、体調を崩されないように無理せず準備をしてくださいね。
※この時期から体型変動してしまうと、本決定中の衣裳のサイズを変更、最悪の場合サイズが無く衣裳チェンジ自体の可能性もありますので、体型変動にはご注意ください。(特に正月を挟んだり、お盆休みを挟んだりするとふっくらして来店されるお二人がいらっしゃったのでお気を付けくださいね)

好みの絞り込みをしていくとスムーズに決めることが出来ます。ですが、普段の洋服は違うものを身に纏うのですから、好みを絞りこむ・把握することはそう簡単なことではありません。
そんなときは無理に好みを見つけ出そうとせず、スタイリストに相談してみてください。ドレスを選んでいる時点で花嫁様の好みを見ながら一緒に見ているので、言葉にせずとも理解していることと思います^^
そうして好みを言葉にしてもらえるとご自身も安心できると思いますので、遠慮なく相談してみてくださいね。

試着時の必須の持ち物は、カメラとストッキング!それ以外はお任せでOK

ドレス試着の際に必要はお持ち物は、カメラ(携帯)とストッキングさえあればOKです。

▽カメラ:ドレス姿をしっかり残しておきましょう。(前全身・上半身アップ・横・バックスタイルが残っていると写真で比べやすくなります)
▽ストッキング:ヒールを履くことになるため、素足だと気持ち悪いかもしれません。冬はタイツのままでOKですが、夏の素足の時はストッキングを着用するのをおすすめします。

ドレス用のインナーやヘアアクセサリーなどはドレスショップで用意していますので、用意する心配はありません。
ただ、使いたいアクセサリー・小物類がある場合は、試着時に持っていくと、ドレスに合わせて付けてくれますので、イメージ掴みのために持っていくといいと思います。
ドレスショップによっては他にも必要な持ち物があったりするので、予約時に確認しておくと安心ですよ◎

運命の一着を決めるポイントは人それぞれ。直感タイプ・納得タイプetc

本決定のドレスを絞り込む選び方をお話してきましたが、絞り込む具体的なポイントとしては、

①どんなドレスラインが好きなのか(プリンセスライン、Aライン、etc,,,)
②どんな雰囲気が好きなのか(ナチュラル、クラシカル、可愛らしい、etc...)
③どんなドレスの質感が好きなのか(チュール、シルク、パリッとした生地、etc...)

だと思います。
ドレス選びについていろいろ語ってきましたが、「じゃぁ本命ドレスの決め方は?」と聞かれると具体的な答えはありません。
よく「ビビっとくる運命のドレスに出会えなくて…」と不安になられる花嫁様がいらっしゃいますが、それが必ずしも運命の一着であるとは限らないと私は思っています。

たくさん着て、少しずつ着て絞り込んでいく "納得タイプ" なのか
コレ!と思ったドレスに即決する "直感タイプ"なのか

それは人それぞれです。ですから、直感的にすぐに見つからなくてもご自身が納得して選び抜いたドレスであればそれは運命の一着なんです。
スタイリストは花嫁様が一番美しく見えるドレスを一緒に探してくれますので、自信を持ってドレスを選んでくださいね^^

いかがでしたでしょうか?ドレスは本当にたくさんの種類があって選ぶのが大変です。その分、普段 "ドレス試着” という体験できない特別な時間を過ごせる楽しい時間でもあります。たくさんの数の中から本命の一着を見つけるために、少しでも参考になれば幸いです^^迷ってしまったときには独りで抱え込まず、新郎様やスタイリスト、親御様も巻き込んでみんなでワイワイ選ぶのもいいかもしれませんね。皆様もドレス選びが楽しい時間になりますように!

この記事を書いた人
ドレス大好き元ドレススタイリストの一児のママ。最近流行りのドレスチェックが趣味。
ドレスショップでスタイリストとして働いてたまるです。
試着から当日まで花嫁様のアドバイザーとして、ヘアスタイルやボディメイクのコツ、ウエディングアイテムの相談なんでも受けてました!
今は一児の母として子育て奮闘している毎日ですが、育児の合間に見る、プレ花嫁様達の流行りのドレスをチェックすることが大好きです。
今までの経験を生かして少しでも皆様のお力になれたらと思ってます♪
PAGE TOP