• 2017.5.8
  • 結婚式

結婚式当日の"雨"は縁起がいい!? 演出のポイントもご紹介♡

結婚式当日の

結婚式当日の雨予報に、落ち込む花嫁が多いようです。でも実は、雨ってとても縁起が良いんですよ! 雨ならではの演出ポイントもあります。今回は、雨の結婚式をハッピーに迎えるための、いくつかのヒントをご紹介します♪

雨って、実は縁起がいいんです♡

日本には「雨降って地固まる」ということわざや、「恵みの雨」なんて言葉がありますよね。雨は、幸せを運んできてくれるような、プラスの意味で使われることが多いです。

また、フランスでは「Mariage pluvieux, mariage heureux.(雨の日の結婚式は幸せをもたらす)」という言い伝えがあるほど。そのため現地では、雨が降ると「神様が祝ってくれてるね」なんてゲストが喜ぶんだそうですよ♡

今回は、雨を楽しめる演出等をご紹介します。

式場選びのポイント

雨が多い時期(5~6月、8~9月)に挙式を考えているカップルは、式場選びに慎重になったほうがいいでしょう。

ポイントは、交通の便がいい式場を選ぶこと。駅やホテルから遠すぎる式場だと、悪天候の場合ゲストに迷惑をかけてしまいます。

また、たとえ雨が降っても満足のいく結婚式ができるか、というのもポイントです。

森のチャペルや海が見える披露宴会場など、ロケーションの良い式場は天候に左右されがち。家族ともしっかり話し合い、あらゆる可能性に納得できる式場を選びましょう。

雨でも楽しめる演出を考えよう!

バルーンリリースやフラワーシャワー、ガーデンビュッフェなど、屋外ならではの演出はたくさんありますが、雨用の代わりの演出も考えておくといいでしょう。

おすすめは「傘」を使った演出です。ちょっとの雨なら、そのまま外で挙式することもできますよ♡

また、「バルーンスパーク」なら雨でも晴れでも楽しめるバルーン系の演出ができますので、おすすめです(^^)

アメニティでゲストへの心遣いを♡

雨が降る可能性がとても高いなら、雨に備えたアメニティを準備するのもいいですね。

具体的には、ミニタオルや替えのストッキング、ドライヤーなどがあると親切でしょう。

特にミニタオルは、ウェルカムギフトとして一人一人にお渡しすれば、それだけで素敵なおもてなしになりますよ。

雨用のスピーチ原稿があれば安心♡

ドキドキの新郎スピーチは、事前に「雨バージョン」も準備しておきましょう。

【例】本日はお足元の悪い中、わたしたちのためにお集まりいただきありがとうございます。雨降って地固まるといいますが・・・

天気の話題は余裕が感じられるので、新郎の株がグンと上がること間違いなしです!

大事なゲストが突然の欠席!どうする?

あまりの悪天候だと、ゲストの遅刻や欠席の可能性が出てきます。

「もし〇〇さんが来れなかったらどうしよう……」考えれば考えるほど不安になってしまいますよね。

しかし大切なのは、起こったらみんなで解決すること。たとえば主賓が欠席なら

・主賓挨拶を無しにする
・メッセージを代読してもらう
・代わりをその場で依頼する

など、たくさんの解決策があります。どれをチョイスするかは、親の考え方や状況にもよるでしょう。プランナーさんも最善の策を考えてくれるはずです。

意外とどうにかなりますので、新郎新婦はドーンと構えていましょう!

この記事を書いた人
2016年10月に結婚式を挙げたばかりの東北の卒花嫁。270名のゲストをおもてなしした経験を活かしてご紹介します
2016年10月に結婚式を挙げたばかりの東北の卒花です!ドレス・小物・演出にこだわって、270名のゲストをおもてなしした経験から、プレ花嫁さまにアイディアのおすそ分けができたらいいなと思っています^^*

Keyword関連キーワード

PAGE TOP