• 更新日:2017.5.17
  • カテゴリ:ウェディングドレス

結婚式憧れ度NO,1ウェディングドレス♡スタンドカラーに注目です!

結婚式憧れ度NO,1ウェディングドレス♡スタンドカラーに注目です!

60年代の結婚式では当然だったウェディングドレスのスタンドカラーは、時代の変化と共に露出が増えてドレスサロンのラインナップから少なくなっていましたが、キャサリン妃のご成婚から又人気復活!以前とは異なるバリエーションで花嫁の心を掴んでいます。ウェディングドレスらしいロイヤル感・フォーマル感が女子の憧れ度No,1!ぜひ注目してみましょう!

やっぱり王道!グレースケリースタイル

ラレンヌでも大人気のスタンドカラードレスはこちら。
ラレンヌではフランス製の伝統的なコードレースを使用しレースのみの存在感ある格調高さがとても好評です。
縫い目を見せず立体的に剥いで仕立てているため体にフィットして肩や腕がほっそりみえてとてもラインがキレイです。是非気になる方はご試着してみてください!

憧れブランド「VeraWang」も取り入れています!

2018年NewCollectionがスタートし、各ブランドが新作ドレスを発表していますが、NY人気ブランドのVeraWangもその新作ドレスにスタンドカラーデザインを発表しています。繊細なレースを使用してトレンド感あるモダンスタイリッシュなスタイルに仕上げています。肌の露出をおさえた気品あるデザインになっていますね。

スペイン発Pronoviasもお肌の露出おさえめドレス増!

スペインブランドで世界に発信しているプロノビアスも数年前から人気のビスチェドレスが激減し、肌の露出をおさえたドレスが多数発表されています。大人のエレガントさを感じさせるドレスはレース使いが魅力的で品よいドレスに仕上がっていますね。いかにも「スタンドカラー」という重厚感ではなく着こなせる1着ですね!

AntonioRivaも脱ビスチェ?

シルク素材をシンプルかつ大胆なフリルでデザインするアントニオリーヴァはいままでスタンドカラードレスとは無縁のドレスが多かったブランドです。今回のNewCollectionではスタンドカラーとは言い難いですがデコルテカバーした露出少ないデザインが発表されました。ここにも流行の波を感じますね!

ナチュラルでもスタンドカラー有り!

スタンドカラーのイメージはロイヤルでフォーマルナチュラル印象です。でもナチュラル感あるドレスにもスタンドカラーデザインがあり、とてもトレンド感ある仕上がりです!
ラレンヌのこちらのドレスは、軽やかなレースを使用しているため重厚感なく優しく自然に着こなせます。スカートのボリュームも控えめのスレンダーだからリゾートや海外ウェディングなどナチュラル婚をしたい花嫁にピッタリ!

憧れのスタンドカラーをどんなテイストで着こなしたいか?イメージしておくとドレス選びがスムーズですね。実は人気のスタンドカラーはドレスサロンによって品揃えが少ないところもあるからホームページ等で前もってリサーチしてから試着に行くと良いです。是非憧れを手に入れてくださいね!

この記事を書いた人
アトリエ系サロン「ラ レンヌ」のドレスデザイナー。レンタルからフルオーダーまで対応(20年歴)
大学服飾専攻。アパレル商社からドレスオーダーサロンへ転職。
花嫁のご要望に100%お応え出来るサロンを目指し2004年に独立し「ラ レンヌ」を設立。
自社アトリエのオリジナルドレスを企画ご提案する中で、日本シルクの美しさや丁寧な仕事を再認識。
生地から染めて作るシルクフラワーやヘッドドレスもドレスに合わせて自ら製作する事も大好き。
子育て奮闘中だが、素敵なレストランへ出掛ける事がささやかな息抜き。

Instagram ID: @momoyom