• 2017.6.22
  • ビューティー

【夏挙式の花嫁様必見】レンタルドレスサロンから嫌われないために気を付けるべきことは?

【夏挙式の花嫁様必見】レンタルドレスサロンから嫌われないために気を付けるべきことは?

夏はお天気に恵まれるので、挙式の計画をたてている花嫁さまも多いのではないでしょうか?でも暑さゆえ気になるのが汗。ドレスの場合、見た目は肌の露出があるので 涼しいように感じますが、ボディラインを強調するために引き締めていますし、 スカートの生地は何層にも重なっているので熱を逃がしにくくムレやすいです。 汗やムレ対策を怠ってしまうと、ドレスにも影響が出る場合もあり、 衣装を貸してくれたドレスサロン様にはいい顔はされないことも…。 そこで今回は夏挙式を控えている花嫁さまへ向けて ドレスサロンに嫌われない気を付けるべきことをいくつかご紹介します!

① 脇汗対策

腹部や背中など胴体部分はブライダルインナーがあるために、汗がドレスに直につくことは少ないですが、脇は直接ドレスが触れる部分なので気を付けないといけません。
ブライダルインナー専門店のKEA工房ではブライダルインナーに縫い付ける
脇用の汗とりパットがあります。パットに使用している生地は防菌・消臭効果のあるもので吸湿速乾性もあります。ブライダルインナーのカップ内側にセットすることで外側からも目立ちにくく、ドレスに触れる前に汗を吸収してくれるのでドレスが汚れる心配がありません!

≪汗とりパット≫
◆三角形(脇用・小)…2枚1組¥400(税別)
◆リーフ型(脇用・大)…2枚1組¥400(税別)
(製造販売元:KEA工房)

②胸汗対策

脇以外にも意外に汗をかくのが胸元です。汗をかくのはもちろん、首やデコルテの汗が伝ってバスト中央(谷間)部分に溜まりやすいです。
そのまま放置すると不衛生ですし、塩分で敏感肌の方は肌荒れもしやすい状況に…。
その場合はこちらもKEA工房製の谷間にセットするハート型の汗パットがお勧めです。
生地は脇用パットと同じなので衛生的。しかも汗対策にはもちろんですが中心ワイヤーがバストに当たって痛い場合のクッションとしても使える優れ物です。

≪汗とりパット≫
◆ハート型(谷間用)…1個¥500(税別)
(製造販売元:KEA工房)

③ ムレ対策

ドレス内部のスカートの中はとてもムレやすい環境です。
出来るだけ下に履くボトムの布の面積は少なく、枚数も極力少ない方がいいです。
かといってショーツだけですとドレスサロンの方もビックリしますし、お尻や太ももの汗がドレスに染み込みやすいので控えましょう。
お勧めは1枚2役のボトムです。KEA工房ではショーツガードルのご用意があるのでこれ1枚でそのまま履けますし、ヒップアップも叶えるのでマーメイドラインなどボディラインが目立つドレスに最適です!
また、ストッキングは太もも丈のガーターレスストッキングがお勧めです。パンストの場合、せっかく作ったヒップラインを潰してしまいますし、生地が重なる部分にムレが生じます。
KEA工房のガーターレスストッキングは、太もも部にシリコンストッパーがついているのでガーターベルト不要なので面倒ではないですし、お手洗いにもそのまま行けるのでとても便利です。
◆ショーツガードル ¥5,500~(税別)
◆ガーターレスストッキング/S・M  ¥1,900(税別)

③ 香水・消臭スプレー

汗のにおいが気になるからとドレスやブライダルインナーに直接、香水や消臭スプレーを振りかけるのはやめましょう。特にウエディングドレスはシルクやシフォンなど繊細な素材を使用して縫製していることが多いので、薬品やアルコールにはとても弱くシミや黄ばみの原因にもなります。どうしても気になる場合にはドレスサロンの方に相談して対処して頂くようにすると好印象ですよ。

いかがでしたか? ドレスを大切に扱ってくれる花嫁さまはそれだけでドレスサロン様にも信頼されます。ちょっとした工夫や気遣いで汗対策は簡単にできるので、是非お試しくださいね。今回紹介した商品は全てKEA工房で販売しています。ご試着や相談のみでもOKなので気になる方は
サロンへお気軽にお越しくださいませ。

この記事を書いた人
身体の悩みが下着で改善されてから、下着の持つ機能性やデザインに興味を持つように。 ランジェリー分野を勉強し、KEA工房で日々お身体に悩むお客様へアドバイスをしています♪
KEA工房ではドレス用の『ブライダルインナー』の他、普段使いの『ランジェリー』など
様々な下着を取り扱っています。インナーを熟知した専門スタッフが採寸~フィッティング、
身体に合わせたお直し加工までしてくれます。確かな技術と提案力で、
ご利用後は自分の姿に自信が持てるはず!下着で女磨き始めましょう♪
PAGE TOP