• 2017.8.16
  • メンズ

「何でもいい」と言われたらこれ!誰でもオシャレ新郎になれるタキシードって?

「何でもいい」と言われたらこれ!誰でもオシャレ新郎になれるタキシードって?

ドレス選びはご自身の好みを見つけるのにたくさんのドレスを見たりして研究しますよね。ですが、新郎様側は、「自分の衣裳は何でも…」と結構適当に考えがちな方が多いようで、「メンズの衣裳となるとドレスとは違うので何がオシャレなのかいまいちわからない!」という花嫁様の声をよく聞きます。今回はそんな新郎様の衣裳選びにお悩みの花嫁様のためにオシャレなタキシードをご紹介致します!

「何でもいい」ならまずはドレスとお揃いの白タキシードをチョイス!

本当に「何でもいい」なら、まずはウェディングドレスとお揃いの白のタキシードをおすすめします。
結婚式ですから、やっぱり特別感は出したいですよね。となると、この時しか着られない白がおすすめです。
こちらでご紹介しているラブウェディング バイ ドレスホリック のタキシードはパンツとネクタイが黒の組み合わせとなっているため、白いジャケットでも違和感なく着こなせることが出来ちゃうんです♡
フォーマルさもあり、バイカラーでオシャレに着こなしてみるのも素敵ですよ!

誰でもスタイリッシュに。飾らないオシャレを目指すならネイビー×グレー

白のタキシードも人気ですが、新郎様側からの人気度で言えば、ネイビーが断トツ人気。
「普段スーツで着慣れているから」という理由からネイビーや黒のダーク系が選ばれるのですが、ジャケットの襟の形やベストの色、ネクタイの形を変えるだけで、フォーマルさがぐっと増します。
もちろんネイビーのような濃い色は引き締め効果もありますので、スタイルよく着ることが出来ます。
こちらのラブウェディング バイ ドレスホリック のタキシードは襟元が角のないショールカラーと蝶ネクタイでフォーマルさを出しつつも、中のベストにグレーを合わせているのでオシャレな着こなしが目指せますよ◎

フォーマルさ重視なら生地感にもこだわって。ブラウンで上品な着こなしを

せっかくの結婚式だし…とフォーマルさを重視したいなら、生地にもこだわることをおすすめします。
色も白で式らしくまとめるのも素敵ですが、あまり見ないブラウンで上品にまとめて、周りとは一味違ったオシャレな新郎様スタイルを目指してみてはいかがですか?
こちらのシックで落ち着いたブラウンが素敵なタキシードは、ブライダリウム ミューでお取り扱いしている衣裳です。光沢感があることで上品な印象となり、全体がぼやけないように濃い色のショールカラーが引き締めてくれているバランスの取れたタキシードとなっています。

こなれたオシャレを目指すなら、柄を取り入れると◎

人とは違ったオシャレが気になるなら、チェック柄などの柄を取り入れるのがおすすめ。
全身柄だとごちゃごちゃしがちなので、上下どちらかに柄を入れるとこなれた着こなしが出来ますよ。

▽左:ラブウェディング バイ ドレスホリック No.95-0012  ⇒http://beautybride.net/dress/lovewedding_0012/
明るいグレーでカジュアルに着こなしたい方におすすめ。アットホームな式や屋外式、二次会などにぴったりのタキシードです。

▽右:カークメンズフォーマル No.68-0032⇒http://beautybride.net/dress/kirk_mens_formal_0032/
顔周りにチェック柄が来るので一瞬着こなせるか心配しがちですが、濃いグレーのチェック柄なのとパンツに黒を持ってくることで全体のバランスが取りやすくなるため安心してチェック柄を楽しめることが出来るタキシードです。

おしゃれ上級者にぜひ試してほしい♡ギンガムチェックのシャツを合わせてオシャレに着こなして!

おしゃれ上級者の新郎様にぜひ試して頂きたいのが、タキシードではなくシャツに柄や色味を持ってくる小物でアレンジをする着こなしです。
ここ最近お二人らしいスタイルのカジュアルウェディングが主流になってきて、フォーマルさ重視だったウェディングスタイルから変化してきている今だからこそ出来る着こなしかと思います。
黒タキシード×ギンガムチェックのシャツの相性はもちろんのことですが、白タキシード×ギンガムチェックのシャツの相性も抜群にいいので、お二人が気に入ったタキシードにぜひ合わせてみてください♡

いかがでしたでしょうか?新郎様の衣裳もドレス同様、種類も増えてきて選ぶ楽しみが出来てきているんです♪好みの一着を見つける為にいろいろ試してみるのもいいですが、アンクル丈や柄、スニーカーを取り入れたカジュアルな着こなしはオシャレに見える反面、カジュアルすぎておもてなしする側としてはあまり相応しくない着方になってしまうこともあります。それは式場の雰囲気やお呼びするゲストによってですので、「こんな着こなしがしてみたい!」という希望がある場合は、一度プランナーさんやスタイリストさんに相談してみてくださいね^^ 

この記事を書いた人
ドレス大好き元ドレススタイリストの一児のママ。最近流行りのドレスチェックが趣味。
ドレスショップでスタイリストとして働いてたまるです。
試着から当日まで花嫁様のアドバイザーとして、ヘアスタイルやボディメイクのコツ、ウエディングアイテムの相談なんでも受けてました!
今は一児の母として子育て奮闘している毎日ですが、育児の合間に見る、プレ花嫁様達の流行りのドレスをチェックすることが大好きです。
今までの経験を生かして少しでも皆様のお力になれたらと思ってます♪
PAGE TOP