• 2017.9.1
  • 結婚式

結婚式前日の過ごし方!「やるべきこと」と「やってはいけないこと」まとめ*

結婚式前日の過ごし方!「やるべきこと」と「やってはいけないこと」まとめ*

もうすぐ結婚式! 準備はコツコツしてきたものの、緊張がMAXに高まりそうなのが『式の前日』ですよね。ラスト1日を、花嫁はどのように過ごせばいいのでしょうか。卒花の経験も踏まえて、「やるべきこと」「やってはいけないこと」それぞれ3つずつピックアップしました! ぜひ参考にしてみてください♡

【やるべきこと①】念入りな持ち物チェック!

結婚式当日に持っていく持ち物を確認しましょう。

大きな荷物は事前に持っていくので、当日は身の回りのこまごまとした物が多くなります。

 ●新婦ドレス小物(ブライダルインナー、ストッキング、ハンカチなど)
 ●新郎ドレス小物(ネクタイ、シャツ、靴下など)
 ●和装小物(足袋、和装下着、長襦袢、腰紐、補正用タオルなど)
 ●二次会用の服

 ●御車代、お礼
 ●カメラ

 ●財布、携帯電話
 ●薬、生理用品、予備のコンタクトレンズ
 ●お泊りセット ※宿泊する場合

コンビニで簡単に手に入らないアイテムも多いので、忘れ物がないようにしましょう!

【やるべきこと②】式場と最終チェック!

前日は、式場と打合せができる最後のチャンスです!

 ●集合時間
 ●挙式・披露宴の流れ
 ●演出の段取り
 ●ウェルカムスペースや引出物の準備
 ●ゲストの人数や名前
 ●衣裳について

不安な点があれば、なんでも確認しましょう。

もしミスが発覚して、直前のため変更がきかなかったとしても、当日に慌てるよりは全然良いはずですよ◎

【やるべきこと③】明日お世話になる人に連絡を!

結婚式当日に特別お世話になる人には挨拶をしておきましょう。

 ●来賓挨拶
 ●乾杯の発声 
 ●受付
 ●二次会の幹事 etc 

電話かメールで「このたびはありがとうございます。明日はよろしくお願いします」と改めて感謝の気持ちを伝えてください。

その際、集合時間や段取りなどの最終確認をすると、お互い安心ですね!

【やってはいけないこと①】特別なスキンケアをする

結婚式前日は、いつもどおりのケアをしましょう。

ついついとっておきのフェイスマスクを使いたくなる気持ちは分かりますが、特別なケアは肌トラブルの元!

使ったことのない化粧品なども使わないでくださいね。

また、セルフでのシェービングも避けたいところです。できれば3~7日前にプロの施術を受けるのが理想。

ただし、どうしても前日に自分でシェービングをしたい場合は、化粧水と乳液で肌を十分に保湿したあとに、やさしくカミソリで剃るという方法がおすすめですよ。

【やってはいけないこと②】お酒を飲む

お酒はむくみの原因になりますので、花嫁さんはNGです。

独身最後の夜に飲みたい気持ちは分かりますが、お酒は控え、早めに寝て翌日に備えましょう!

飲酒よりおすすめなのは、ゆっくり入浴すること。体が温まると血行が良くなり、むくみがとれます。

リラックス効果もあり緊張がほぐれるので、前日はぜひお風呂で最後の夜を満喫してください*

【やってはいけないこと③】両親への手紙を書く

泣いて目が腫れる恐れがあるので、両親の手紙を前日に書くことはおすすめできません。

また、タイムリミットがあると、書けないときが大変です!

わたしの知り合いで、結婚式前日に書き始めたはいいもののどうしても筆が進まず、当日メイクをされながら控室でやっとこさ書き上げたという人がいました。

両親への手紙は、余裕を持って取り組むようにしましょう。

いかがでしたか? 今回は、結婚式前日に花嫁がやるべきこと・やってはいけないことについて解説しました。いくつかイメージと違う部分もあったと思います(前日の手紙はNGなど)。大事な挙式を翌日に控えているからこそ、最後の総まとめをしつつ、いつもどおり自然に過ごせるといいですね* 式直前の花嫁が、日々を安心して過ごせますように(^^)

この記事を書いた人
2016年10月に結婚式を挙げたばかりの東北の卒花嫁。270名のゲストをおもてなしした経験を活かしてご紹介します
2016年10月に結婚式を挙げたばかりの東北の卒花です!ドレス・小物・演出にこだわって、270名のゲストをおもてなしした経験から、プレ花嫁さまにアイディアのおすそ分けができたらいいなと思っています^^*
PAGE TOP