• 2017.8.18
  • ウェディング小物

【マタニティインナー】お腹の赤ちゃんにも花嫁さまにもベストな下着選び方と時期とは?

【マタニティインナー】お腹の赤ちゃんにも花嫁さまにもベストな下着選び方と時期とは?

挙式と妊娠ダブルでおめでたを迎えた花嫁さま。赤ちゃんの成長の喜びと一緒に感じるのが 挙式で着用するブライダルインナーの不安ではないでしょうか。 体型変化もあるので挙式ギリギリで選びたいけれど、ドレスの小物合わせや最終フィッティングには インナーは必要不可欠な存在。そこで今回はマタニティの花嫁さま必見!失敗しないブライダルインナーの選び方とコツをご紹介します!

下着選びは早すぎても遅すぎてもNG!

マタニティ花嫁さまの下着の購入時期は、挙式またはドレスの最終フィッティングから逆算して
3週間~1カ月前くらいがおすすめです。それ以上早くにご用意されてしまうと、
バストカップサイズが合わない・お腹周りがきつくなって挙式で着れないことも。
ブライダルインナーの買い直しなんてことがないように、ブライダルインナー購入時までは、
ドレスサロンのインナーを貸していただくか、自身のブラジャーの肩ひもを外すなどして対応しましょう。

また、オーダードレスの場合は仮縫いまでにはインナーがあったほうが良いといわれています。
マタニティの方はドレス製作者側としっかり相談し、あまり早すぎない日程でインナーを用意できる
スケジュールを立てましょう。KEA工房では挙式を見越したサイズのご提案もできますし、
万が一合わなくなっても購入後に修正を承れますので安心してご用意いただけます。
(※修正には別途加工料金が発生いたします)

インナーは『妊娠〇ヵ月』かでデザインが決まる

マタニティインナーで良く見るデザインといえばお腹に生地が無い丈が短いタイプ(セミロングブラ)ですが、
どんなマタニティの方でも着用できるとは言い切れません。というのも妊娠時期で体型がそれぞれ異なるので、
合う方・合わない方がいらっしゃいます。
下着を選ぶ基準としては “自分が妊娠〇ヵ月目か”ということが大事。
デザインで左右されず、自分の体型に合ったインナーを選ぶと失敗も少なくて済みますよ。

マタニティブラの選び方

① 妊娠初期~4ヵ月
安定期前なので腹部の締め付けは極力避け、丈の短いタイプ(セミロングブラ)を選ぶようにしましょう。
逆に丈が短いことによってみぞおちや胃への締め付けを感じる場合は、
バストからお腹までつながっているロングビスチェタイプがおすすめです。
一見、窮屈そうに見えますがお腹まわりを緩くホック位置を変えることで
アンダーに集中していた締め感が全体に分散されて楽に着用できます。
セミロングブラとロングタイプどちらにも気を付けてほしいのはアンダーサイズです。
普段より1つ大きいアンダーにして、ホック位置は1~2列緩めることができるよう
余裕のある止め方にしましょう。バストは生理前のように痛みを感じる方もいます。
カップ生地は肌当たりの柔らかなもので、ワイヤー部分にはクッション素材を使用している
デザインだとより安心です。また、徐々にバストも大きくなりますので挙式までに
パットを出し入れして調整が利くようにインナーご購入時のパットは有のまま試着しましょう。

② 妊娠5ヵ月以降~
安定期が過ぎてお腹も徐々に大きくなってくる頃。バストサイズも1~2カップほど上がります。
お腹はみぞおち下からなだらかに張ってくるので、丈の短いタイプ(セミロングブラ)では
お腹の上にインナーが乗ってずり上がってしまう、着席時にアンダーに生地が食い込んでしまうなど、
不安要素がいくつか出てきます。そのため、この時期でおすすめなのがロングタイプです。
丈が長いのでお腹をすっぽり包み込み、バストからお腹までボディラインをきれいに整えてくれます。
また、カップワイヤー下にある長いボーンがバストを高い位置でしっかり支えてくれるので
ストラップ無しのインナーでもバストが下がる心配がありません。
着用時のポイントはバストとお腹を区別してのホック調整です。
重量感のあるバストは横広がりにならないように中央に寄せて脇をすっきりさせたいので、
アンダーサイズは体にピッタリのものを選びます。お腹は大きさに合わせて裾広がりに逆V字になるよう
ホック位置をずらすか、途中下から数えて2~3段分外してしまうなどゆとりを持たせましょう。

マタニティボトムの選び方

妊娠中のボトムは不必要に感じますが、できれば専用のものを着用したほうがお勧めです。
KEA工房では【マタニティサポートパンツ】のご用意があり、大きくなったお腹を下から支え、
さらに腰を支えることで姿勢を保ちやすくサポートしてくれます。
たるみがちなお尻をキュッと持ち上げ、動きやすさを妨げないサポートパンツです。
何も履いていないよりもラク!というお声が多く、ショーツ代わりに一枚で着用できるので
お手洗いもスムーズです。お腹部分はよく伸びる素材を使っておりMサイズはお腹周り98㎝まで、
Lサイズはお腹周り108㎝までを目安にお選びください。
普段使いできるので挙式までの間でもご利用いただけます。

挙式後にも使えるものを選ぶ

せっかくインナーを購入したのに出産したら使わないのはもったいないですよね。
KEA工房では産後の身体に合わせてインナーをお直ししてくれるので挙式後も長くご使用できます。
例えば、アンダー(お腹周り)を詰めたり、カップを小さくしたり、ロングビスチェの丈を短くカットして
ストラップレスブラジャーのようにしたり、セミロングブラにストラップを付けて普段使いしたりなど
ご要望に合わせてご提案できます。さらにマタニティサポートパンツはお腹部分の生地を張り替えて、
産後のお腹を引き締めるようにリフォームも可能です。
インナーの加工金額は内容にも異なりますが¥1,000~5,000(税別)、仕上げまでは10日間~14日間
でお渡しできます。他社インナーでも加工は可能でございますのでお気軽にご相談くださいませ。
KEA工房では挙式時も、出産後も美しさをサポートいたします。

いかがでしたか?マタニティは専用の下着しか使えないと思われがちですが、
自身の体型と、妊娠何カ月で挙式を迎えるのか先を見据えて選ぶことが重要です。
不安なことも多いですがゆったりのんびりお腹の成長を感じながら余裕をもって計画を立てましょう。
もし、気になることがありましたらブライダルインナー専門のKEA工房までお気軽にお問い合わせください。
事前に下着をご覧頂いたり、ご用意までのスケジュールのご相談もお受けいたしますよ。

この記事を書いた人
身体の悩みが下着で改善されてから、下着の持つ機能性やデザインに興味を持つように。 ランジェリー分野を勉強し、KEA工房で日々お身体に悩むお客様へアドバイスをしています♪
KEA工房ではドレス用の『ブライダルインナー』の他、普段使いの『ランジェリー』など
様々な下着を取り扱っています。インナーを熟知した専門スタッフが採寸~フィッティング、
身体に合わせたお直し加工までしてくれます。確かな技術と提案力で、
ご利用後は自分の姿に自信が持てるはず!下着で女磨き始めましょう♪
PAGE TOP