• 2017.1.4
  • メンズ

新郎もやはり純白で揃えたい!!タキシードも白!!人気のホワイトタキシードの着こなし術

新郎もやはり純白で揃えたい!!タキシードも白!!人気のホワイトタキシードの着こなし術

結婚式での「白」は、主役であるお二人だけに身に纏うことが許された特別な色。 ウエディングドレスに合わせてタキシードも白で合わせられたらとても素敵ですよね。 でも、男性にとっての白はとても抵抗があるもの。今回はそんな白のタキシードでも、アイテムの使い方によって着やすくなる着こなし術をご紹介いたします!

真っ白なタキシードが当日の特別感を演出。新郎様だからこそ着れる一着。

全てのアイテムが白で統一された一着です。
白で覆われた姿は格式ある立場の新郎様にぴったり。
膨張しがちな白を短めのジャケットで合わせることで、すっきりとしたシルエットで着ることが出来ます。
まさに結婚式だからこそ着れる特別な一着です。

長めのジャケット丈で体型カバー&濃い色ベストで引き締め効果!

背の高く、がっちり体型の新郎様におすすめなのがこちら。
長めのジャケットの丈は気になるウエストやヒップ周りを隠してくれるので体型カバーをしてくれます。
さらに黒のストライプ柄のベストとネクタイを合わせることで、全体の引き締め効果も期待出来ます。
真っ白に抵抗のある新郎様でも、顔や首回りに濃い色があることで着やすくなるそうですよ◎

短めの裾がスーツに近い感覚で着やすさを感じさせてくれる、こなれた着こなし!

小柄で細身の新郎様におすすめなのは、身体に馴染みやすい短い丈のジャケット。
短い丈なので、上半身に目線が行くので足長効果もあるのが嬉しいポイントです◎
スーツの形に似ているジャケットなので、長め丈の白タキシードよりも着やすさを感じさせてくれます。
短い丈ジャケットは蝶ネクタイとの相性が良く、おしゃれな着こなしが出来ちゃいます。

ウエスト下から丸く広がる裾周りがすっきり見せてくれるスタイルアップ効果抜群の一着

今までご紹介した形と少し違うのが、ジャケットの前の裾が丸く広がっていく形なのですが、これは「モーニングコート」と呼ばれる格式高い正礼装である証拠です。
白のモーニングコートは新郎様のみにしか許されない特別な一着です。
前が広がって空いていることで、ウエストラインがすっきり見えるので、細く見える嬉しいポイントがあります。
中のベストにサムシングフォーの一つであるブルーが入ることで、まさに新郎様のための衣裳として着ることが出来ます。

中のベストで白さを調和。さりげないスタイルチェンジも楽しんで。

一つ前でご紹介した白のモーニングコートのアレンジバージョンがこちら。
中のベストとネクタイを色の入ったものに変えるだけで雰囲気ががらっと変わります。
濃い色が入ると、男性らしさが増すのでかっこいい着こなしが出来ますね◎

白ならどんな色・柄も相性抜群!色直しだって選びやすい◎

色直しでガラッと変える程でもないけど、何か変わるのを楽しみたい。なんてちょっとしたわがままにも対応してくれるのが、白のタキシード。
外側は白色なので、どんな色でも柄でも相性が良く、スタイルチェンジが簡単にできちゃいます◎
花嫁様のカラードレス色と合わせても良し、反対色でお互いを引き立てるも良し、新郎様が気に入った柄のベストを合わせても良し!
新郎様も色を入れてスタイルチェンジを楽しんでみてはいかがですか?

パーティにぴったりなこなれた着こなし。バイカラーの組み合わせでオシャレな新郎に。

夕方以降から着るのにふさわしい、夜の礼装であるタキシード。
白のジャケットを黒のパンツに合わせることで、短めのジャケットでもカジュアルになりすぎず着ることが出来ます。
夜のパーティーに向けてゲストと思い切り楽しむのにぴったりな一着です。
足元と首元を同色の黒にすることでバイカラーでも全体にまとまりが出て、スッキリ着こなしているのがおしゃれなポイントです。

カジュアルウエディングや前撮りにおすすめ!アンクル丈パンツで軽やかに着こなして

アンクル丈の白のストライプパンツが印象的なこちらの着こなしは、カジュアル式におすすめの着こなしです。
上下白でも、パンツがストライプであることで軽やかに着ることが出来ます。
中に着るシャツも自分好みの色で着れば、自分らしいスタイルで楽しめること間違いなし。
※足首が出るスタイルなので、国内の挙式では会場によってはNGが出ることがあるので確認が必要です。

当日はドレス姿の花嫁様に目が行きがちですが、新郎様だって主役の一人。 主役である新郎様だけが許される特別な白を纏って式を楽しんでみてはいかがでしょうか? 白色に対する抵抗感は初めての試着の時だけです。その瞬間さえ乗り越えてしまえば意外にも馴染んでくるので頑張って挑戦してみてくださいね^^

この記事を書いた人
ドレス大好き元ドレススタイリストの一児のママ。最近流行りのドレスチェックが趣味。
ドレスショップでスタイリストとして働いてたまるです。
試着から当日まで花嫁様のアドバイザーとして、ヘアスタイルやボディメイクのコツ、ウエディングアイテムの相談なんでも受けてました!
今は一児の母として子育て奮闘している毎日ですが、育児の合間に見る、プレ花嫁様達の流行りのドレスをチェックすることが大好きです。
今までの経験を生かして少しでも皆様のお力になれたらと思ってます♪
PAGE TOP